.

破産手続きにあたって借金に対して保証人となる人物がいる場合には、事前に相談をしておいた方が良いです。77-15-20

再度、強調させていただきますが保証人が存在する場合は自己破産手続きの前段階によくよく検討しておかなければなりません。77-2-20

というのは破産して免責されると、その人たちがみなさんの負債を背負うことになってしまうからです。77-16-20

なので、自己破産をする前に保証人となる人に、詳細とか現在の状況について説明し謝罪をしておかなくてはいけないでしょう。77-7-20

そういったことはあなたの保証人の立場で考えると当然のことです。77-6-20

あなたが自己破産することで自動的に膨大な支払い義務が発生してしまうことになるのですから。77-1-20

そして、そのあとの保証人の取るべき方法は4つあります。77-13-20

一つの方法はその保証人が「全額返金する」というものです。77-9-20

その保証人がすぐにでも数百万ものお金を問題なく返すことができるほどのような現金を持ち合わせていれば、これが選択できます。77-11-20

ただその場合はあえて破産宣告せずに保証人である人に立て替えてもらい、あなたは保証人に月々の返していくという選択肢もあるかと思います。77-19-20

保証人がもし信頼関係にあるなら弁済期間を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。

たとえひとまとめにして返金ができない場合でも業者も話し合いで分割での返済に応じることもあります。

その保証人にも破産宣告をされてしまうと、借金がなにも返ってこないリスクを負うからです。

もし保証人がその債務を全部払う経済力がなければ、あなたと同じくある中から借金の整理を選択が必要になります。

続く方法は「任意整理」を行う方法です。

この場合貸金業者と落としどころをつけることで5年以内くらいの時間で返済していく感じになります。

この問題で弁護士に依頼する場合の経費の相場は債務1件ごとに4万円ほど。

全部で7社からの借り入れがあった場合約28万円必要になります。

債権者との話し合いを自分でやってしまうことも不可能ではないかもしれませんがこの分野の経験や知識がない人の場合相手側があなたにとってデメリットの多い提案を勧めてくるので気を付けなければなりません。

いずれにしても、任意整理してもらうとしたとしても保証人となる人に負債を立て替えさせるわけですから、借金をしたあなたはたとえちょっとずつでも保証人になってくれた人に支払いをしていく義務があるでしょう。

3つめは保証人となる人もあなたといっしょに「破産宣告する」という選択肢です。

保証人となっている人も返済できなくなった人と同じように破産申告すれば、その保証人の返済義務も消滅します。

ですが、マンション等を登記している場合はそのものを取り上げられてしまいますし法令で資格制限のある仕事をしているのであれば影響は避けられません。

そのような場合は、個人再生という制度を活用できます。

では4つめの選択肢は、「個人再生制度を使う」こともできます。

不動産を残して借金の整理をする場合や破産申告では資格制限にかかる業務についている方に検討していただきたいのが個人再生制度です。

この方法の場合自宅は残せますし破産の場合のような職業にかかる制限資格に影響する制限が一切ありません。



77-20-20 77-4-20 77-8-20 77-12-20 77-14-20