.

クレジットカードを持っているのですが、利率が高額なように思っていて、企業に対して照会してみたのですがお客様の場合は無担保なのでその利息設定となりますと告げられてしまったのです。

担保がないカードとはどういうことなのでしょう。

こんな疑問点に回答していきます。

担保が有るという意味はどんな状態に対することを指すのでしょう。

借入のとき利用目的といったようなものが随意な借金などで担保設定をしていない事例といったようなものが大抵で、そうした事を無担保キャッシングというふうに呼びます。

逆に住宅ローンなどというようなものは購買するものは確定しておりますから、買ったものに抵当を設定するのです。

これが有担保カードローンというふうに言われているのです。

有担保ローンの長所といったものは抵当権が存在する分利息が低い数値に置かれている点です。

ではキャッシングに担保などを設定しておいて、金利に関して低くしておいた方が得だと思うかもしれませんが万が一引き落し不可能jになってきたときは担保対象物件を取られてしまうといったことになるからそういった無為なことをしたいといった人はいないはずです。

実際に担保を契約設定可能なキャッシングサービスも有るのですけれども、折角ご自身の信用だけで借入できるのですから、多少の利子に関する差ぐらいについては見逃そうと思うのが一般的だからなのです。

またサラリーマンのような、収入が一定している人は信用性といったものもありますので、わざと担保などを差し入れなくてもカードを契約する事というようなものが出来、個人事業主の場合所得というものが一定していないということから担保の設定などを求められてしまう時があったりします。

金融機関というようなものは貸し付けたというだけでは利益がないのです。

回収した以降はじめて売り上げを上げるので至当なリクエストでしょう。

ゆえに無担保であったとしても借入できてしまう信頼といったようなものが有ることはかなり大きい意味といったものが存在するのです。