.

近年、面白いアドベンチャーゲームがないと思っている方へおすすめするゲームがあります。それは『銃声とダイヤモンド』というゲームです。 これはPSPで発売されたアドベンチャーゲームで、警視庁の交渉人が主人公。ゲーム内容はサウンドノベルのように文章を読み進める形となり、途中でプロファイリングや選択肢が表示される場面があり、最終的なクライマックスは事件が起こり、その犯人と交渉するという形になっています。 その交渉もとてもスリリングで、感情ゲージがMAXになってしまうと交渉失敗。犯人を刺激しないように交渉を進める必要があります。 何よりも、ゲーム自体が大人向けに作られており、文章や構成など、「読ませる」内容のゲームであり、まさに大人向けのゲームなのです。むしろ、ある程度年齢を重ねた30代、40代の方にプレイしていただきたいゲームです。 アドベンチャーゲームは一時期、不作の時代がありましたが、この作品はそういったものを吹き飛ばすぐらいのボリュームと内容が詰まっています。