.

店頭において使用する時一度は体験したことがおありかと思うのだが店員が未熟なためどちらの明細を利用者に提示するのか迷っていることがあるかと思います。クレジットを決済すると端末数枚の明細レシートというものが出力されるからでして、これらのどの明細をカード利用者へ渡してよいものかどうか判断できないということがあります。明細の正体とは→この複数の利用明細の解説はいかなるものかについてまとめると下記の内容になります。1お客様へ渡す明細。2店舗で保管する明細レシート。3カード会社保管用紙(記名をする紙)。本来であれば必ず利用者側へ保管して頂く使用レシートを受領するのですがたまにお店の控え利用レシートの方をカード利用者のもとへ間違って渡してしまう場合やサインした側のレシート自体を渡すといういう事例などもあります。このようなケースは時間給の従業員の場合や、通常クレジットカードが使われることの少ない店舗において使うと店員の動揺が拝見することが出来るだろう。万が一店舗スタッフが上記のように紙というものを渡そうとした場合にはやさしく「これじゃありませんよ」と直してあげてください。