.

車に乗っているあなたでしたら分かっていると思いますが自動車税が課税されます。そしてこの税金は所有車の買い取り時に一般的に返還される税金なのです。現実にやってみたら覚えられますがでははじめから順を追って分かりやすく紹介します。ちなみに注意書きするならば国産のメーカーのクルマに限らず外車でも自動車税が返還される範囲になってきます。当然ですがクルマについてもそうです。自動車税というのはクルマのオーナーが支払う税金で車の排気量の大小毎に定められています。1リッター以下のであれば29500円となり1リッターから1.5リッター以下までだと34500円です。これからは500ccずつ5000円増加していきます。そしてこの金額は4月1日時点で車を所有している人が、来年3月までの自動車税を納めることになります。要は先払いということなのでクルマを引き取ってもらって、所有者でなくなった際ではその分の税額は還付されるということです。自動車税は前払いで来年3月までの全額を支払うので、その年度内にクルマを売った場合には、新しい保有者が税金の納付義務を負うということになります。買取先が専門店の場合は引き取り時にあなたが支払いすぎた税額を返してくれます。まとめると所有者でなくなった時以後の税金は入れ替わった所有者が支払わなければならないのです。例えばあなたが10月の間に車を買い取ってもらった場合は、11月から翌年3月までの自動車税は戻ってくるのです。というのは前も述べた通り自動車税という税金は先払いであるということからもわかります。ということは、前所有者は売却先に税金を返還してもらうということです。個人的に自動車を引き取ってもらうときに、意外とこのことを忘れている人が多くいるため、きっちり確認するようにしなければなりません。自動車税がクルマの売却で返金されるという知識を意外と知らない人が多い事をいいことに、その状況を言わない悪徳業者も存在します。自分から自動車税の返金に関して言わなければ完全に税金のことには触れないということもしばしば聞かれます。ですから愛車の買い取りを依頼する際には、税金が戻ってくるのかどうかを確認することを怠らないようにしてください。