.

初めて仕かける時という状況では、まずは準備をおろそかにしてはいけません。トレードを始める前であったら出来事を落ち着いて観察する事ができる余地があります。だがしかし、いっぺんトレードの中に深入りするとどうやっても考え方が自己中心的になってしまいがちで時としてちゃんとした判断が分からなくなる可能性があります。それだけに自分のメンタルが落ち着いている段階で、事前準備をしておくことが重要です。”事前準備”とは、シナリオを作る事から行います。今後の投資環境はこうなってああなるから、この外貨を勝負するというように、筋書きを書いていきます。次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。これまでの相場の動きを見定めて、今の値段をチェックします。そうすれば、「現在は結構低い段階になっている」とか、他には「今となっては大方の投資家が買い(あるいは売り)に動いているから、この先取引してももはや遅いな」などと見えてきます。言うまでも無くすでに売買するのが遅すぎるなと思ったならばそこのところはきっぱりとあきらめることか肝心です。どう工夫しても自分のストーリー展開を押し通して強引に注文すると、マーケットにやられてしまいそればかりか為替差損を受けることになります。とは言うものの大体の場合事前に準備している自分の脚本を考えていれば、売買が間に合わないなという具合にはならないだろう。おそらく、実際に相場が変化する前のはずだからです。続いては、とりあえずは自分がとろうとする通貨ペアの上下の動きを正確に把握する事が肝心。仮にドル高に向うだろうという台本を記したのであれば、ドルの動きに注目する必要があります。市場の変動を注目し始めたときでは、該当の通貨ははっきりと変動する兆しを見せず、上下に多少の変動を繰り返しているだけだろう。しかしながら、その変化をじっくりと見ていると、ある場面でゆっくりとドル高へとマーケットが変化し始めます。そこで初めて、ドルのトレードします。普通は、計画的に用意をやっておけば、その売買で利益を上げる可能性は割合大きくなります。