.

外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引という所があります。平常の外為企業と取引を実施する行為を「店頭取引」と言いますが、この取引においては取引所を通行させず売り買いの目標は外為取引(FX)企業になります。「取引所取引」というのは外国為替証拠金取引(FX)業者はとはいっても橋渡し役でありますのでダイレクトな売買パートナーは取引所を意味する事になります。その違いをここでちょっと比較してみます。開口一番「店頭取引」の場面は委託してある資金は外為業者に統括されているのです。ところで「取引所取引」のケース、この証拠金は全ての額取引所にデポジットしないといけないと決められているのです。そういった事で万一FX業者がパンクするといった事柄があっても、後者は、取引所によって証拠金が全ての額防衛されているということになります。前者の場合は外為(FX)業者が管理しているので、状況によっては企業経営破たんのつけをの傷を受けて託していたお金は擁護されずなのです。また税金面からも両者に関しては規定に相違がございます。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として労賃と一緒に計算して報告をしないとなりません。しかし確定申告しなくても良いケースもある様ですので、おのれに適合するか当てはまらないか念入りに調査していただきたいです。もしかしてアナタが会社員で収入二千万円以下給与の所得以外の実収が20万円以下(複数の事業者から給与所得がなし)といった規定を満たしている状態でいるなら例外措置という訳で確定申告は不要です。FXの利潤が20万円以上の次第は確定申告をするようにして下さい。税金の率は実入りに追随して5パーセントから40パーセントの6個の段階に組み分けされておりまして収益が高いのであれば税金も高くなります。「取引所取引」においては、利益があった際にはそれ以外の収入とは別件として「申告分離課税」の的になってしまうでしょう。税の度合いは全て同じ20%となりますが、もし損が確定したという事ならば「取引所取引」の利益として赤字分を翌年以降に先延ばしができます。上記から見ても、「取引所取引」の方がより安価な税率になるときも大いにあるので検討して見ていった方が良いと思います。中でも未経験者の方は、JASDAQ株価の浮き沈みや円高に常に行き届き、黒字や損分に興奮するがために、税金を払うという事態を忘れたかのようになってしまうこともあるので注意しましょう。損金は困るのですが、収益が値上がりすれば税金においても増えるので注目とわきまえる事が大事です。